ゴミ屋敷の拡大と共に溜まるストレスも大阪のプロに任せれば安心

ゴミ屋敷

何故ゴミ屋敷になってしまうのか

椅子

たまにニュース等で取り上げられるゴミ屋敷問題ですが何故家の主はわざわざゴミを集めるのでしょうか。まずゴミ屋敷になってしまった家の主に共通する所に一人暮らしが多いという事が上げられます。
この場合、主がゴミを家に持ってきても注意する家族がいないので溜まっていく一方です。ご近所の人が気付いた時には既にゴミ屋敷になってしまっている事でしょう。もう一つにお年寄りが多い事もありますが、これは昔ながらの考えがそうさせているのか、もったいない精神でまだ使える物は取っておく傾向があります。それをゴミから探すので、また溜まってしまいゴミ屋敷になってしまうのです。それとは反対にゴミを片付けたいのに出来ない人もいます。お年寄りで一人暮らしの場合、今まで溜めてきたゴミを分別しながら捨てるのは体力的に大変で一人では難しい事でしょう。ゴミの処分にお金がかかる場合もありますのでその面も負担になります。
しかし、ゴミは片付けなければなりません。家の中一杯になっているゴミは危険で崩れた場合は主の命が危ないです。一番怖いのは火事でゴミはすぐに燃え広がり周辺の家も巻き込んでしまうかも知れません。ボランティア等を結成してゴミ屋敷の主と話し合い、業者を活用しながらゴミを減らしていくのが良いです。

TOP