ゴミ屋敷の拡大と共に溜まるストレスも大阪のプロに任せれば安心

ゴミ屋敷

ゴミ屋敷の存在でどのような事が起こるか

ゴミ袋

ゴミ屋敷は改善されなければ、周辺の家や建物にかなりの被害を及ぼします。では、ゴミ屋敷によって起こる被害にはどのような事があるのでしょうか。まず火事の危険性があります。ゴミ屋敷の中は密集していて燃える物も多く火を使うには危険な場所になっています。特にコンセント周辺にゴミが密集してしまうと危険で更に湿気があるとショートする可能性もあります。もし火事になった場合には大量のゴミが一気に燃え広がり、周辺に他の家や建物がある時は燃え移ってしまう事でしょう。
ゴミの中に殺虫剤スプレー等が有れば爆発して更に燃え広がってしまいます。他にもゴミ屋敷に様々な動物が住み込んでしまう事が上げられます。ゴミ屋敷に猫が住み着いてしまった場合は、持ち込んだエサや糞尿で臭いがきつくなり周辺住民に影響が出ます。
また、ネズミが住み着くと糞尿に加えゴミ屋敷自体をかじって破壊していきます。このネズミの習性で電気コードがかじられた場合にも火事の危険性があります。そしてゴミ屋敷で育ったネズミが周辺の建物に移動して家等をかじって穴だらけにしてしまう事もあります。こういった事が起こらないように難しいですがゴミ屋敷の住人と話し合いゴミを減らしていく事が必要になります。

TOP